JavaScript

【超初心者 Visual Studio Code】インストールと日本語化

【超初心者 Visual Studio Code】インストールと日本語化

 

Visual Studio Code とは

Visual Studio Code とはエディターの事です。じゃあエディターとは何なのかという話ですが、簡単に言うと高機能なメモ帳です。

プログラミングをする上で欠かせない存在なので、エディター選びはとても重要と言えます。

この Visual Studio Code は語り尽くせないほど便利で、プラグインという拡張機能を入れる事によって自分だけのカスタマイズが可能です。

僕も色々なエディターを試してみましたが。これが一番気に入りました。

どのエディターを使おうか迷っている人には、自信を持ってこれをオススメします。

 

 

Visual Studio Code をインストール

それでは早速インストールしてみましょう。

ここからインストール出来ます。 Visual Studio Code

開くとこんな画面が出てきます。




真ん中下の「Visual Studio Code のダウンロード」をクリックするとメニューが出てきます。

そこで自分が使っているOSを選択すればインストール出来ます。


これでインストール完了!




Visual Studio Code の日本語化

インストールが完了したら早速起動してみましょう。

開くとこんな画面が出てきます。

 

この画像は日本語になっていますが、英語で表示されていると思います。

これを日本語化するプラグインを入れてみましょう。

はてな

プラグイン:便利な拡張機能。

 

左側メニューバーの一番下のアイコンをクリックします。

 

そうすると検索バーが表示されるので、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と入力します。(おそらくJapaneseと入力した段階で、予測の一番上に出てきます)

 

地球儀みたいなアイコンを選択します。

 

インストールをクリックします。

 

出てきたメッセージにしたがって再起動すれば日本語化できます。

プラグインは他にも様々な便利機能があるので、良さそうな物があったらドンドン試してみましょう!

 

むしろ教えて欲しい

 

 

まとめ

今回は Visual Studio Code のインストールと日本語化の方法について解説させてもらいました。

自分は何個かエディターを使ってみましたが、これが一番しっくりきました。

今エディターを何にしようか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



以上。

-JavaScript

© 2021 Nazaブログ