English

初心者必見!初めての英会話レッスン前に覚えておくべき英単語10選

初心者必見!初めての英会話レッスン前に覚えておくべき英単語10選

 

英会話レッスンを受けてみたいけど、自分の英語力で大丈夫なのか不安・・・
最低限で良いから、知っておくべき英単語が知りたい!

 

「服を買いにいく服が無い」ならぬ
「英語を学習する為の英語が分からない!」

 

こんな悩みを抱えている人のために、僕が初めて英会話の個人レッスンを受けた時の体験を元に解説していきます。

ちなみに僕は高校時代の英語テストで平均15点ぐらいで、その辺の中学生より英単語を知りませんでした。

 

 

初めての英会話レッスン前に覚えるべき英単語10選

それでは早速ですが、覚えるべき英単語10選を紹介します。

  • Grammar
  • Present tense
  • Past tense
  • Future tense
  • Subject
  • Verb
  • Object
  • Abjective
  • Singular
  • Plural

こちらが10選になります。

 

英単語の勉強方法については、こちらの記事で解説しています。

 

 

英単語の読み方と意味

1個ずつ見ていきましょう。

※読み方は分かりやすい様にカタカナで表記します。

 

Grammar

【読み方】グラマー
【意味】文法

 

Present tense

【読み方】プレゼンテンス
【意味】現在形

 

Past tense

【読み方】パステンス
【意味】過去形

 

Future tense

【読み方】フューチャーテンス
【意味】未来系

 

Subject

【読み方】サブジェクト
【意味】主語

 

Verb

【読み方】ヴァーブ
【意味】動詞

 

Object

【読み方】オブジェクト
【意味】目的語

 

Adjective

【読み方】アドジェクティブ
【意味】形容詞

 

Singular

【読み方】スィンギュラー
【意味】単数系

 

Plural

【読み方】プルーロ
【意味】複数形

 

文法関連の英単語を並べただけじゃないか!

 

その通りです。

日本人は普段からたくさんの英語を使っていますよね。(キッチン、スパイス、ペン など)

ある程度の英語力は持っている筈なのに、この文法関連の英単語って知らない人が多いと思います。

例えば、学生時代の英語の授業で「この単語は動詞です」「これは過去形の文です」という風に習うのが一般的ですが、それは日本語であって英語では教わりませんよね?

よくある英語の文法で「 S + V + O 」の形って言われても、何で主語が「 S 」なのかを分からないって人は多い筈。

これは「 Subject + Verb + Object 」の頭文字を取って「 S + V + O 」となっていたんですね。

 

それでは何故この英単語を覚えるべきなのか説明していきます。

 

 

何故英会話レッスンを受ける前にこの英単語を覚えるべきなのか

そもそも英会話レッスンは、テキスト教材などを使用して学習していくパターンが一般的です。

英語初学者の場合、レッスンは簡単な文章から学習していく事になると思いますが、その時に知らない単語があると

Naza
・・・・・・・?

となってしまいます。(僕の場合)

 

実際に英会話レッスンを受けた時に、上記の10単語はかなり頻繁に使われていました。

それを1個も知らなかった僕は、「 What? 」を繰り返して無駄な時間が経過してしまったのです。

 

逆に考えれば、この10単語を知っておくだけで英会話レッスンをスムーズに行えると言えます。

 

 

この10個の英単語を知らない時のデメリット

大まかに分けて、この英単語を知らない時のデメリットをまとめました。

  • 沈黙の時間が長くなる。
  • 分からない英単語を質問しなければならない。
  • 分からない英単語が多すぎると適当になる。

1個づつ解説していきます。

 

沈黙の時間が長くなる。

まず英会話レッスンは、1レッスンの時間が決まっています。

沈黙の時間が長い事で1レッスンの授業内容が薄くなり、結果として自分の成長の遅れに繋がってしまいます。

 

さらに英会話レッスンは決して安くは無いお金を払っているので、1レッスン1レッスンを充実させる為にも覚えるべきです!

 

Naza
過去の僕に言い聞かせたい。

 

分からない英単語を質問しなければならない。

これも上記とほぼ同じ理由で、「時間の無駄」と「お金の無駄」に繋がります。

 

実際に分からない英単語が出てきた場合、聞くのは全然オッケーです!

ただ、導入部分にあたる文法関連の英単語でつまづくのは非常にもったいないです。

 

Naza
耳が痛い

 

分からない英単語が多すぎると適当になる

僕は、レッスン中に分からない英単語が多すぎて、「オッケー!」「イエィ!」などと知ったかぶりをしてしまい、レッスン終了後に単語の意味を調べてビックリしました。

分からなかった英単語のほとんどが文法関連の単語だったのです!

こんな事なら調べてからレッスンに望めば良かったと後悔しました。

 

例えば「 Present tense 」は現在形という意味ですが、

Naza
プレゼント?何かくれるのかな?

とか本気で思ってましたからね。

 

つまり適当な対応をしたせいで、レッスンの内容がとても薄いものになってしまいました。

 

 

まとめ

今回は「初めての英会話レッスン前に覚えておくべき英単語10選」を紹介させていただきました。

要約すると

  • 文法関連の英単語は知っておくべき!
  • 知っておくとレッスンがスムーズに!
  • 知らないと時間とお金の無駄!

ざっとまとめるとこんな感じですね。
これから英語を学びたい人に向けて、参考になれば幸いです。

 

もしも、まだレッスンを受ける自信が無ければ、英単語の勉強方法も解説しているので参考にしてください。

 

初めてレッスンを受けるのは緊張するかもしれませんが、思い切って挑戦しましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

以上。

-English

© 2021 Nazaブログ