English

【英語 初心者】ひたすら暗記が苦手な人向け!単語の勉強方法

【英語 初心者】ひたすら暗記が苦手な人向け!単語の勉強方法

 

英単語って、どうやって覚えればいいの?
ひたすら暗記なんて無理だよ〜

 

こんな悩みを抱えている方に向けて記事を書きました。

 

まず僕はメチャクチャ暗記が苦手です。

単語帳やノートにひたすら書いて覚える勉強方法を試しましたが、ゼンゼン効果がありませんでした。

いざその単語を使いたい時に、まったく思い出せない!

 

Naza
ほら、あの単語って何て言うんだっけ?

 

こんな経験ありませんか?

そこで僕がやっている勉強方法を解説していきます。

 

 

【英語 初心者】ひたすら暗記が苦手な人向け!単語の勉強方法

僕がやっている英単語の勉強方法で、大事なポイントが大きく分けて3つあります。

 

  • 英単語のイメージを作る
  • 英単語の変化形もまとめてイメージする
  • 覚えた英単語で簡単な文章を作る

 

大まかな流れはこんな感じになりますね。

 

それでは1つづつ実践も兼ねて解説していきます。

 

 

【英語 初心者の単語勉強】①英単語のイメージを作る

これが1番大事です。

絵や情景など自分の中でイメージを作り、英単語と結びつける。

文字だけで覚えるのではなく、イメージする事によって英単語が記憶に残りやすくなります。

英単語は、たくさんの意味を持つものがあるので、イメージで全体を把握しましょう、

 

いくつか例を挙げてみます。

 

この様にイメージと結びつける事によって、記憶に残りやすくなります。

 

ポイント

英単語を調べるとたくさんの意味が出てきますが、すべて覚えるのは大変です。

とりあえず1つの意味を覚え、イメージで捉えましょう。

 

 

【英語 初心者の単語勉強】②英単語の変化形もまとめてイメージする

英語には文法や時系列の関係で、単語が変化する事があります。

他にも色々な法則があるので、それを活用すれば単語を覚える効率がグッと上がります。

 

  • 原形・現在分詞・過去形・過去分詞
  • 「動詞 + er 」で人や物を表す
  • 「名詞 + y 」で形容詞に

など

 

1つづつ見ていきましょう。

 

 

英単語 原形・現在分詞・過去形・過去分詞

これは当たり前と言われたらそれまでですが。

動詞だったら、現在分詞・過去形・過去分詞など変化した形もまとめて覚えましょう!

 

Naza
あの単語の過去分詞が分からない

僕みたいな状況になってしまいます。

 

それでは先程の例を使ってみましょう。

 

study」は過去形と過去分詞の形が同じなので覚えるのが簡単ですね。

 

eat」は過去形と過去分詞の形が全然違います。

 

こればっかりは暗記になってしまいますが、ただ暗記するりもずっと覚えやすくなっている筈です。

 

 

 

英単語 「動詞 + er 」で人や物を表す

1つくらいはこの形の単語を知っていると思います。

英語には、動詞 + er  の形で「人や物を表す」単語にする事が出来る。

 

teach」教える事全体を指すイメージ。
teacher」教える人を指す。つまり教師ですね。

 

hang」掛ける事全体を指すイメージ。
hanger」掛ける物を指す。日本語でもハンガーって言いますね。

 

この法則が分かっていれば、知らない単語でもなんとなく使う事が出来ます。

 

これは僕の体験ですが、英語で「庭いじりをしている人」というのを話したかったのに単語を知りませんでした。

Naza
いや待てよ、日本語でもガーデニングって言うじゃん!

 

頭の中

gardening(ガーデニング)これはingがついているので現在分詞だろう

gardenが原形だろう

gardener  er をつければ「庭いじりをする人」で伝わるかも!

 

 

と言う風に、実際に話したら伝わりました。

普段あまり気にしていませんが、日本には英語がすごく溢れています。

この法則を応用する事で知らない単語も自分のものに出来ます!

 

【日本でよく使われる英語の例】


shut :閉じる

shutter:閉じる物(シャッター)

drive:運転する

driver:運転する人(ドライバー)

wipe:拭く

wiper:拭く物(ワイパー)

 

 

単語によっては「er」ではなく「or」が付く場合もあります。

 

 

 

英単語 「名詞+ y 」で形容詞に

この法則を知っている事で、更に使える単語が増えます。

とても便利なので、是非覚えましょう!

はてな

名詞:人・物・事柄の名前。(例 Naza・犬・バナナ・飛行機 など)

形容詞:物事の状態や性質を表す言葉。(例 大きい・暑い・幸せ など)

 

個人的な考え方ですが、僕は「〜っぽい」と言う風に頭の中でイメージしています。

 

【例】

sun」太陽。
sunny」太陽っぽい。つまり晴れ。

 

salt」塩。
salty」塩っぽい。つまり塩辛い。

 

【他の例】

spice:香辛料

spicy:香辛料の効いた

wind:風

windy:風の強い

juice:ジュース

juicy:汁の多い。ジューシーとか言いますよね

 

他にもたくさんあるので探してみましょう!

 

 

【英語 初心者の単語勉強】③覚えた英単語で簡単な文章を作る

単語をイメージする事で覚えやすくなりました。

しかし、記憶に残す為にもっと効果的な方法があります。

 

それは、覚えた英単語で文章を作っておく事です。

これをやっておく事によって、記憶に残りやすく、咄嗟に引き出す事ができます。

 

ただし、英語には使わない方が良いフレーズもあるので気をつけましょう。
そのフレーズに関しては、こちらの記事で解説しています。

 

では、この記事で紹介した英単語で文を作っていきます。

 

 

英語で文章 原形・現在分詞・過去形・過去分詞

eat 」を使って色々な形の文章を作ってみます。

 

【原形】

I usually eat rice.
私は普段、米を食べます。

 

【現在分詞】

I'm eating rice now.
私は今、米を食べています。

 

【過去形】

I ate rice yesterday.
私は昨日、米を食べました。

 

【過去分詞】

I have eaten rice.
私は米を食べた事があります。

 

自分に当てはめた文章を作ると、更に覚えやすくなりますね!

 

 

英語で文章 「動詞 + er 」で人や物を表す

teacher 」を使って文章を作ってみます。

 

I work as a high school teacher.
私は高校教師として働いています。

 

自分は教師じゃないから覚えにくい!

そんな時は、こういう風に文章を作ってもいいかもしれません。

I don't like my homeroom teacher.
私は担任の先生が好きじゃないです。

 

なるべく自分に当てはめましょう!

 

 

英語で文章 「名詞+ y 」で形容詞に

sunny 」を使って文章を作ります。

 

It's sunny today.
今日は晴れです。

 

別のパターンも紹介。

Will it be sunny tomorrow?
明日晴れますか?

 

疑問文を作ってもいいですね!

 

 

【英語 初心者向け】単語の勉強方法 まとめ

今回は単語の覚え方、勉強方法について紹介させていただきました。

 

要約すると

  • 単語の意味を1つ覚える
  • イメージで捉える
  • 色々な形もまとめて覚える
  • 自分に当てはめて文章を作る

まとめるとこんな感じです。

 

単語って覚えるのが大変ですよね。

僕は、ひたすら暗記するのが今も苦手です。

なので、イメージしたり、自分に当てはめた文章を作ったり、出来るだけ楽しんで英単語を覚える様にしています。

この記事が、単語の暗記が苦手な方の参考になれば幸いです。

 

他にも英語の勉強方法を紹介しているので、もし良ければ参考にしてください。

初心者必見!初めての英会話レッスン前に覚えておくべき英単語10選
初心者必見!初めての英会話レッスン前に覚えておくべき英単語10選

  英会話レッスンを受けてみたいけど、自分の英語力で大丈夫なのか不安・・・ 最低限で良いから、知っておくべき英単語が知りたい!   「服を買いにいく服が無い」ならぬ 「英語を学習す ...

続きを見る

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

以上

-English

© 2021 Nazaブログ